〜本の森・本の海へ旅しよう〜
<< 目に見えるもの・見えないもの main Exlibrisとは何ぞや? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- - -
畳の上の、静かでアツイ戦い
評価:
末次 由紀
講談社
コメント:古の人の思いの中で、彼女たちは戦う―

 「ちはやふる」 末次由紀 講談社
転校生・新によって知った『百人一首競技かるた』―誰よりも早く、静かに、それでいて熱く札を追う彼の姿に目を奪われる。自分が天賦の才を持つ事を主人公・千早は意識せず、その世界に惹きこまれていく―

末次先生が放つ、青春グラフィティ。ジャンルとしてはスポーツ+ときめき+友情でしょうかね。
百人一首、個人的に大好きなんですが、メジャーじゃないもんね。
(ちはやたちと同じように小学校?中学のときかな、大会があったんで頑張って覚えたんですョ)ですが、この非メジャーな世界を有無を言わさず、引っ張り込んでいく魅力がこの作品にはあります!!

「あたしの知ってるかるたは―ひまつぶしのトランプやボードゲームみたいな――」
「違う―――スポーツだ」 (本文抜粋)

小学生のころの出会い編と、その後の高校生編になっています。
これから、出会った3人がどうなるのかも、大会での行方(好敵手も出てきたし!)も気になる!続きが出たら絶対買おう・・・。

何かにのめりこむ楽しさってあるよね?と思う作品。


 
      
      


comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト


- - -
comment



この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
trackback
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
時計
Mobile
qrcode
Sponsored Links