〜本の森・本の海へ旅しよう〜
<< 女性の美しさ main は〜びばびば♪ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



- - -
完結!
 フルメタル・パニック シリーズ  賀東 招二 著

とある高校の日常=平和は、ただひとりの転校生とともに終焉を告げた。なぜなら転校生、相良宗介は、平和からかけ離れたヤツだったから。だが、戦争ボケとは仮の姿。その実体は…?女子高生かなめに隠された壮大な秘密をめぐり、今、ボケと涙と感動の戦いが始まった。

ついに完結しました。
やっと最終巻だ!という思いと、ああ終わってしまったのかという寂寥感がないまぜ状態。
高校生の頃から読み始めたんですけど、ずっと楽しみにしていた作品が終わると大体こんな気分におちいります。

暗躍する組織、彼と彼女の謎。取り巻く環境と大人達。
ライトノベルだからこその設定と、最後まで貫いた「ボーイ・イーツ・ガール」の精神は素晴らしかった。ライトノベルは表紙とかに引いちゃったり、誤魔化されたり。中には残念な作品もありますが(まぁ、普通の小説でもそうですけど)、これは続けて読んでてよかった。
学園ミリタリージャンルって書くとどんなのさ?という感も否めないですが。泥臭いけどかっこいい。足掻くことは傍からみたら滑稽だけど、それでいいじゃないか。

自分が基本、日常生活のどろどろとかどうしようもない現状とか行き当たることもままあります。それでも少しでも彼くらい、悩んで、諦めが悪くて、どうしようもないけど、それが自分だって認められたらいいか。そんな風に思いました。




comments(0) trackbacks(0)
スポンサーサイト


- - -
comment



この記事のトラックバックURL
http://hon-no-umi.jugem.jp/trackback/34
trackback
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Selected Entries
Categories
Profile
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
Links
時計
Mobile
qrcode
Sponsored Links